SSブログ

中秋の名月 2018 超望遠ズームでの撮影? [日常]

20180924-004-1.jpg

<中秋の名月>

2018年9月24日


SW後半3連休最終日は中秋の名月でした。

まずこの日の午後の空模様はというと・・・

20180924-002.jpg

雨は降りそうもない予報でしたが、先週みたいにつぶさに雨雲をチェックしながら自転車で走りに行くのも何だしということで、この日はおとなしく近場で空を眺めることにしました^^

20180924-002-1.jpg

刻一刻と変化する空模様をのんびりと眺めるのも面白いものです。

20180924-003-1.jpg

やがて夕暮れ時になり・・・

20180924-003-2.jpg

西の空は黒い雲が多くイマイチだったので、いつもの様にマジックアワーを撮影しに海まで走るのは控えて、中秋の名月の撮影に切り替えます。
20180924-004-1.jpg

少しだけ流れる雲に掛かりながらも・・・

20180924-005.jpg

雲が過ぎ去るタイミングで中秋の名月を捉えることが出来た♪

300mmズームレンズに3倍テレコンを装着して焦点距離900mm(35mm換算)

さらに禁断の方法によりもう一枚・・・(笑)


ミラーレンズ2.jpg

▲ ミラーレンズ (10年落ちの中古品です。焦点距離500mm f6.3 MFのみ) →ミラーレンズで撮影したライドの記事はこちらです

この500mmミラーレンズにテレコン重ね合わせ(3倍用×2倍用→6倍)=超望遠ズームとなる焦点距離:3,000mmで撮影♪したのが下の写真

20180924-006.jpg

焦点距離3000mmにもなると月の動くスピードが速くてライブビュー画面からあっという間に枠外に出てしまうので、三脚立てていてもカメラの振動防止とカメラ設定、月を追いかけ続けるアナログ的な微妙なテクニックが少しだけ必要です(笑) 
自動追尾できる高価な赤道儀でもあれば別ですが・・・(苦笑)

天体望遠鏡による綺麗な撮影写真に比べると粗さが残り全然及ばないものの、安価なレンズとテレコンを組み合わせてそこそこ楽しむぶんにはこれで十分。

ここまで拡大した写真を見るといつか月にも行ってみたくなるような子供のような好奇心が出できてしまうのはとても不思議なものです(笑)


おしまい^^

nice!(39)  コメント(20) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。